障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

メディカルケア虎ノ門 発達障害向けプログラム(マンスリーコムズ)2020年10月

2020年10月24日(土)、メディカルケア虎ノ門の発達障害向けトレーニング(マンスリーコムズ)に出席してきました。
1ヶ月に1度メディカルケア虎の門が主催している発達障害の方向けのトレーニングとなります。
今回は2020年の9回目です。時間は13:30-16:00頃までです。

8月は元々無い月で、9月は行き忘れました。。。

参加者は全部で50人以上。その内女性は15人ほどでした。新型コロナウイルスの状況が落ち着いたことも有り、人数が大幅に増えておりました。結構新しい人も多いようです。今回は1グループに7・8人程度の7グループでした。多い時の参加者は50人ほどいますので、今回はMAXの人員に近いと思います。

2020年10月のテーマ

今回のテーマは、『情報を整理する』でした。
このテーマに関係するのは、仕事の時間配分が上手くいかない、部屋を片付けられないといった内容が結びついてきます。要するに、何かをする前には、いろいろな情報を整理して、やりやすいように纏めたり、片したりと、最初にやることが情報の整理となります。

今回のゲームでは、各人に6枚程度の情報の紙が配られるから、それをグループ内で整理して回答をだすというものでした。自分がいたチームは無事に正解を出すことが出来ましたが、結果はグループによりけりです。今回のゲームでは、一人で情報を集めて整理した方が早いと感じましたが、実際仕事などは色々な情報を人と整理して回答を出すようなものが多いので、それに沿っていて良いのではと感じます。

また毎回思うのですが、グループはテキトーに座った人同士で組みますので、やる気や性格が異なります。ましてや、知らない人同士がいきなりこういう自分のパーソナリティな部分をさらけ出して話すとなると、はじめは皆さん警戒していたり緊張していて、話さない人が多いです。中には、自分はこんな所に来る人間じゃないんだと、やる気のない人や早退する人もいます。。。まぁ、来るも来ないも自由ですし、こういう場面を活かすかどうかも本人次第なので。

ゲームが終わった後は、いつもの通り苦手なことに対してのグループディスカッションになります。

今回出た話では、部屋の片付けが苦手、書き込んだテキストの整理が苦手等ありました。皆さん思い思いのやり方を説明してくれました。ここは本当に人によりますが、はじめから余計なものが無いミニマリスト、買ったら倉庫等、じゃまにならない所に送る、捨てる、売る、電子化するなどの意見が出ました。意見はいくつもあったほうがいいですが、結局自分にあった方法を見つけて続けるしか無いと思います。そのためにはまずは良さそうだと思うものから始めてみましょう。

これにて内容は簡単ですが以上となります。

ただ、今回は若手がせっかくだから終わった後に交流会をしようということで、カフェで数人でお茶会をしてきました。集まりたい人だけでも意見交換やこういう交流会も良いものですよね。カフェで話した人は皆仕事をやっていて、苦労していることがあると言う人もいましたが、話しても普通で何に問題があるんだろうというレベルでした。

発達障害は個人差の大きいものだと思いますが、ホントひとくくりにするのは難しいなと思いましたね。

次回のマンスリーコムズは11月更新となります。

今後は、大人の発達障害.comでもグループワークや自助会などを開催予定ですので、ご興味あればご参加ください。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。