障害者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

就労移行支援の今後の課題についての考察

就労移行支援は、障害者が就労するための支援を提供する制度ですが、今後の課題としては以下のようなものが挙げられます。

  1. 就労先の拡大
    就労移行支援は、就労先を見つけることができない障害者に対して、職場の探し方や履歴書の書き方などの支援を行っています。しかし、就労先が限られていることが課題となっています。今後は、企業や団体に対する支援を強化することで、就労先の拡大を目指す必要があります。
  2. 職場環境の改善
    障害者が働く職場においては、バリアフリー化や理解ある職場環境の整備が求められます。また、職場内でのパワーハラスメントやいじめなどの問題もあります。今後は、職場環境の改善に向けた支援を強化することが必要です。
  3. 支援の個別化
    障害者には様々な種類があり、就労に必要な支援も個別に異なります。今後は、障害の種類や就労に必要な支援内容に応じた、より個別化された支援を提供することが必要です。
  4. 就労支援者の確保
    就労移行支援を行う支援者の数が不足していることが課題となっています。今後は、就労支援者の確保と育成に注力することが必要です。
  5. 就労後のフォローアップ支援
    就労後も障害者が職場で働き続けられるように、適切なフォローアップ支援が必要です。今後は、就労後のフォローアップ支援により、障害者が職場で働くことを継続するための支援を強化することが必要です。

簡単ですが、以上を考察として上げます。


コメントを残す