障害者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

子どもの不登校 29万人超

子供の事故画像

不登校の状態にある小中学生は、2022年度は約29万9000人となり、10年連続で増加して過去最多となりました。

いじめの認知件数や暴力行為も過去最多となっていて、調査した文部科学省は「コロナ禍での生活環境の変化や制限による交友関係の築きにくさなどが背景にある」とみています。

子どもの不登校 10年連続で増加

文部科学省は全国の小中学校と高校、それに特別支援学校を対象に不登校やいじめ、自殺などの状況を毎年調査していて、昨年度の結果をまとめました。

それによりますと、小中学校を30日以上欠席した不登校の状態にある子どもは、前の年度から5万4000人余り、率にして22%増え、29万9048人となりました。10年連続で増加し、過去最多となっています。

このうち
・小学生が10万5112人で、10年前の2012年度の5倍に、
・中学生が19万3936人で、10年前の2倍に増えています。

この他、高校生も増加して6万575人でした。

また、認知されたいじめの件数は、
・小学校が55万1944件、
・中学校が11万1404件、
・高校が1万5568件、
・特別支援学校が3032件で、
合わせて68万1948件と、前の年度より6万件余り増え、過去最多となりました。

理解してもらえないケースも少なくないということで、編集部には「自分も同じ思いだった」といった共感の声が寄せられているということです。


コメントを残す