障害者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

去年の「出生数」全国72万6000人で過去最少の可能性

新生児の写真

1年間に生まれる子どもの数を示す「出生数」について、大手シンクタンクは去年、全国で72万6000人と統計開始以降、最も少なくなるとする推計をまとめました。厚生労働省が公表している去年1月から9月までに生まれた子どもの数などをもとに、去年1年間の出生数を推計しました。

それによりますと、去年の日本人の出生数は全国で72万6000人となる見込みで前の年から4万人余り率にして5.8%減少し、国が統計を取り始めた1899年以降、最も少なくなる見通しだということです。

また、1人の女性が一生のうちに産む子どもの数の指標となる「合計特殊出生率」は、1.20前後に低下する見通しだと推計しています。

このほか、結婚の件数はおととし3年ぶりに増加に転じて50万4930組でしたが、去年は前年比5.8%減の47万6000組と推計していて減少に転じる見込みだとしています。


コメントを残す