障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

所得少ない人に10万円追加給付検討する考え 自民党 下村政調会長

首相官邸

新型コロナウイルスの影響の長期化を踏まえ、自民党の下村政務調査会長は、5日夜記者団に、所得が少ない人を対象に1人当たり10万円の追加給付を検討する考えを示しました。

この中で、下村政務調査会長は「格差社会の中で困っている非正規雇用の人や、女性、一人親家庭の子どもたちを含めて、定額給付金などを追加で出さないとコロナ禍を乗り切っていくのは大変だ」と指摘しました。

そのうえで、住民税が非課税の世帯を対象に1人当たり10万円の給付を検討する考えを示しました。

そして、追加の経済対策に盛り込むよう政府に提言するとともに、次の衆議院選挙の政権公約にも明記したいという意向も示しました。

コロナウイルスによる影響は収入の少ない人ほど影響があるので、もし追加給付となるとありがたいですね。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。