障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

国民年金保険料の月次納付率について(令和3年1月末現在)厚労省データ

国民年金最終納付率月次データ

厚生労働省より、国民年金の納付率について発表がありましたので、記載致します。

令和3年1月末現在 国民年金保険料の最終的な月次納付率は、(平成 30 年1月分保険料)は、76.6%です。

各月の保険料が3年経過後、2年経過後、1年経過後にどれだけ納められているかを示す「3年経過納付率」、「2年経過納付率」、「1年経過納付率」をまとめています。
なお、「2年経過納付率」及び「1年経過納付率」は納付状況の途中経過を示すものであり、「3年経過納付率」が最終的な納付状況を表す指標となるようです。それによると、最終的には76.6%だそうです。

これが、低いかどうか等はおいておいて、国民年金は日本国民の義務となります。また、老後において生活を支える大切な資金にもなりますので、しっかりと納付しておいたほうがいいと考えます。もし滞納していたとしても最終的に取り立ての部署によって支払いをさせてられることも考えられますので、逃れるのは難しいのではと思います。

また、今現在支払いが難しい方は、収入によって支払い免除ができますので、まずはお住まいの年金課に相談することをおすすめします。

本データの厚労省データ詳細はこちらよりダウンロード下さい。

以上


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。