障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

令和3年度「江戸川区ひきこもり実態調査」を江戸川区が行いました

江戸川区

東京都江戸川区で、区内の大規模ひきこもり調査が行われました。こちらは江戸川区記載の内容となります。

令和3年度「江戸川区ひきこもり実態調査」の結果報告書(PDF:7,762KB)(別ウィンドウで開きます)


令和3年7月より「江戸川区からの調査のお願い」という名称でひきこもりなどに関するアンケート調査を実施し、調査結果がまとまりました。本調査では、約10万の世帯から回答があり、7,919人のひきこもり状態の方がいることがわかりました。

(注)厚生労働省はひきこもりの定義を「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人とほとんど交流せずに6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」としています。本調査においては、「仕事や学校等に行かず、家族以外の人との交流をほとんどしない方」としています。厚生労働省の定義から期間の要件を除いているのでご留意ください。

調査結果の注目点

  • 配偶者・パートナーがいてもひきこもりになる?(関連P9、P24~25)
  • きっかけは1つでも、困りごとは複数に(関連P14~18、P49)
  • 当事者と家族が求めているもの(関連P22~23、P42~43)

調査概要

調査期間

令和3年7月14日~令和4年2月28日

調査対象世帯数

180,503世帯

有効回答数

103,196件(有効回答率57.17%)

ひきこもり「あり」で回答した件数

7,604件

ひきこもり当事者の人数

7,919人

区が把握している、ひきこもり当事者の人数

9,096人(当調査7,919人+不登校1,113人+ひきこもり支援者数64人)

主な調査項目で最も多かった回答

調査項目最も多かった回答
ひきこもり当事者の年齢40代
ひきこもり当事者の性別
同居の家族有り
ひきこもり状態の期間1年~3年未満
ひきこもり状態になるきっかけ長期に療養を要する病気にかかった(「その他」を除く)

管理人も過去に何度も引きこもっていた時期があり、他人事とは思えなかったため、本記事を記載いたしました。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。