障害者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

2024年4月より契約時の「告知」が義務に

就労選択支援

2024年4月1日より、企業は就業する可能性のある場所の告知が義務化されました。

従来は、雇用・募集の際に、採用直後の勤務先を示せばよかったですが、今後は勤務する可能性のある場所を事前に伝えなければならなくなりました。国は既存社員についても同様の対応を推奨しています。

今までは、会社員にとって転勤はありふれた光景で、家族一緒に転勤というのも比較的可能でしたが、共働きも増えた現代ではそれも難しくなってきています。そういう時代背景もあり、転勤の可能性のある場所をあらかじめ周知する義務が企業に課せられました。


コメントを残す