障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

SNSひぼう中傷 投稿者の速やかな特定へ 新たな裁判手続き創設

SNSでひぼうや中傷の投稿をした人物を速やかに特定できるように、新たな裁判手続きを創設する「改正プロバイダ責任制限法」が21日の参議院本会議で可決・成立しました。この法律では、SNSでのひぼうや中傷による被害を防ぐため、投稿した人物に関する情報開示を速やかに進める新たな裁判手続きを創設します。

投稿した人物を特定するため被害者が訴えを起こす際、現在はSNSの運営会社と投稿者が利用する接続業者のそれぞれに対し、裁判の手続きが必要で、時間がかかることが課題となっていました。

改正された法律では、被害者からの申し立てをもとに裁判所が投稿者の情報を開示するかどうかを判断し、SNSの運営会社や接続業者に命令を出せるようにします。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。