障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

75歳以上の医療費の窓口負担 2割に引き上げの改正法 成立

老人・老後の問題

原則1割となっている75歳以上の医療費の窓口負担を、年収200万円以上の人を対象に2割に引き上げる改正法は、4日の参議院本会議で、賛成多数で可決され、成立しました。

改正法は、現役世代の負担の上昇を抑えるため、原則1割となっている75歳以上の医療費の窓口負担を年収200万円以上の人を対象に2割に引き上げるものです。

急激な負担の増加を抑えるため、引き上げの実施から3年間は、1か月の自己負担の増加額を最大3000円までとする配慮措置が設けられています。

引き上げの時期については、来年10月から半年以内とし、具体的な日程は、今後、政令で定めるとしています。

4日の参議院本会議で採決が行われた結果、改正法は、自民・公明両党のほか、日本維新の会、国民民主党などの賛成多数で可決・成立しました。

一方、立憲民主党と共産党は「後期高齢者の負担が増える一方、現役世代の負担軽減には全く寄与しない」として反対しました。

今後、5年・10年と経っていき、私達の税金や、年金、支払う金額はどうなっていくのでしょうか。。。皆が安心して暮らしていける未来が来ることを信じたいですね。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。