障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

「Suica」や「PASMO」等の交通ICカードで障害者割引  関東など2022年 後半開始

障害者向け交通系IC割引適用

これからは自動改札でも割引適用

交通系ICカードの「Suica」や「PASMO」で、障害を持つ人の運賃割引サービスが、関東地方などの鉄道やバスで来年度後半から始まることになりました。

現在、障害者手帳を持つ人に鉄道やバス等の交通運賃割引のサービスがありますが、利用する際には毎回駅員・運転手に障害者手帳を提示して運賃の割引を受けていますが、今後はICカードを機械にかざすだけで割引がされるようになる予定です。

関東地方など69の鉄道やバス事業者でつくる協議会は、来年度後半から障害者手帳を見せなくてもSuicaやPASMOで割引を受けられるサービスを発表しました。10日は、JR東日本と小田急電鉄の社長が赤羽国土交通大臣にサービスの内容を説明しました。赤羽大臣は、「健常者が受けられるサービスは障害者も同じように受けられるよう、当たり前の公共政策ということでやっていただきたい」と話していました。

国土交通省によりますと、ICカードで障害者割引が受けられる公共交通機関は、全国各地にありますが、関東地方では初めてだということです。

今後の適用範囲は、システム改修などの課題も有り、詰めていくそうですが、首都圏を中心に、福島や新潟、長野、静岡、などの一部を含む1都11県のエリアを想定しているそうです。

障害者団体「開始を期待」

障害者団体に所属する人たちからは、「障害者割引を使う際、都内でも多くなっている無人の改札で駅員を呼んだり、駅員のいる改札まで行かなければならなかったりすることがなくなるので、開始を期待しています。」

「障害者手帳は障害のきっかけになった病名なども書かれているため、しかたがないことは分かっていても、毎回駅員に見せることに精神的な負担を感じるので、その必要がなくなることはありがたいです」などと話していました。


おそらくですが、対象の同行者も1名無料になるサービスもあるのですが、その際は、一緒に窓口を通過しなければならないと予想しています。ただ、どんどん快適なサービスになっていくと良いですよね。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。