障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

”ひきこもり支援”に関する関係府省をまたぐ会議:1回目がありました

引きこもり支援策資料

題記の通り、下記日程で関係府省横断の”ひきこもり支援”に関する第1回目の会議が有りました。府省をまたいで会議を始めて行うということは、それだけ引きこもりの問題に対して国が今後力を入れていく、重要な問題にみているということになります。


実施日:令 和 3 年 6 月 29 日 ( 火 ) 1 0 時 3 0 分 ~ 1 1 時 3 0 分

関係参加者:厚生労働大臣政務官、構成員 内閣官房孤独・孤立対策担当室長、内閣府政策統括官(政策調整担当)、消費者庁次長、文部科学省初等中等教育局長、厚生労働省社会・援護局長、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長、厚生労働省人材開発統括官、農林水産省農村振興局長、経済産業省商務・サービス審議官

資料:

どのような内容を打ち合わせたかは上記資料に目を通してもらえば分かりますが、非常に情報が多いので、一部抜粋いたします。


引きこもりとは

様々な要因の結果として社会的参加(就学、就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6ヵ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態を指す現象概念(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)
*「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」(平成22年5月)
(厚生労働科学研究でとりまとめ、主任研究者:齋藤万比古氏 国立国際医療研究センター国府台病院)

資料内容タイトル抜粋

  • ひきこもり支援施策の全体像
  • ひきこもり地域支援センター
  • 生活困窮者自立支援制度
  • ひきこもりサポート事業
  • 就職氷河期世代支援の取組
  • 自治体への要請事項
  • 地域若者サポートステーション(サポステ)事業
  • ひきこもり地域支援センター 自治体別相談件数
  • ひきこもり地域支援センター 関係機関へのつなぎ件数
  • ひきこもりの相談支援事例

上記のような内容や、その支援策にいくら使われている等の内容が細かく書いてあります。

正直、これほど支援策や予算が使われていると知らなかったので驚きました。私自身も以前ひきこもりでしたが、私の両親や学校の先生はこういった支援策があったのを知っていたのか、はたまた当時はなかったのか甚だ疑問が湧いてきますね。

今後は引きこもりのページや、事業としてひきこもりの支援も検討したいと思っていますので、”引きこもり・不登校”問題をしっかりと取り上げられる日が来るよう準備したいと思います。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。