障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

「第41回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」が12月17日から東京都にて開催されます

アビリンピック

~ 25種目374人の選手が技能を競い合います ~ 

厚生労働省所管の独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構(以下、「機構」)と東京都は、障害のある方々が日頃培った技能を互いに競い合う「第41回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」を、12月17日(金)から20日(月)まで、東京都江東区で開催します(「第59回技能五輪全国大会」と同時開催)。
 なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、会場への入場は、選手・関係者のみとなります。

 第41回大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じた上で開催します。47都道府県から374人の選手が、「ビルクリーニング」「ワード・プロセッサ」「喫茶サービス」など全25種目の技能競技に参加して、日頃培った技能を披露し、競い合います。
 また、技能競技のほか、障害のある方々の新たな職域などを紹介する種目として、「OA機器等メンテナンス」「クラフトテープかごバッグ製作」をデモンストレーションで実施します。

 大会の様子は、専用Web サイト上(https://abilympics.jp/)で動画配信します。また、大会の成績は、12月20日(月)14時(予定)に機構ホームページのほか、厚生労働省ホームページでも公表する予定です。

 ※  アビリンピックとは、アビリティー(ABILITY「能力」)とオリンピック(OLYMPICS)を合わせた造語。
    この大会は、障害のある方々の職業能力の向上を図り、企業や一般の方が障害者への理解と認識
    を深めて、その雇用の促進を図ることを目的に、昭和47年から毎年開催している(国際大会開催年を除く)。
 

【別紙1】第41回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)概要
【別紙2】第41回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)競技スケジュール
【別紙3】「第59回技能五輪全国大会及び第41回全国障害者技能競技大会における新型コロナウイルス感染拡大防止のための具体的な措置」

【「第41回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」概要】

 
1.日 程       12月17日(金)~20日(月)
            会場:東京ビッグサイト
              (東京都江東区有明3-11-1)
  
  ■開会式    12月17日(金) 16:00~16:41
               
  ■技能競技   12月18日(土) 9:00~16:30
          12月19日(日) 9:00~17:00
 
      ■成績発表   12月20日(月) 9:30~10:43
 
  ※ 開会式等の様子は専用Webサイト上で動画配信いたします。
    URL:https://abilympics.jp/

2.参加者    15歳以上の障害者
 
3.主催         独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
 
4.ホームページ
       [機構]:https://www.jeed.go.jp/disability/activity/abilympics/index.html/

5.参考   アビリンピックの競技風景(令和2年度開催 第40回愛知大会より)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。