障害者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

2024年2月 生活保護申請 前年同月比4.6%減も高水準(厚労省)

厚生労働省の写真

2024年2月の生活保護の申請件数は全国で約1万8000件で、前年同月と比較すると4.6%減少となりました。

ただ、直近10年の同じ月で見ると依然として高い水準だということです。詳細な数字は、全国で1万8427件で、前年同月に比べて891件、4.6%減った形となります。前年同月との比較で減少となったのは、2022年12月以来14か月ぶりです。

また、2024年2月に新たに生活保護の受給を始めたのは1万6912世帯で、前年同月に比較して386世帯、2.2%減りました。

現在、生活保護を受給している世帯は全国で164万9681世帯となります。

厚生労働省によると、生活保護の申請件数は去年の同月と比較すると減少だが、直近10年の同月では、3番目に多く、物価高騰の影響など今後の動向に注視する必要があるとしています。

生活に困っている人はためらわずに自治体の窓口に相談して下さい。


コメントを残す