障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

東京都、今年生まれた赤ちゃんに育児用品など10万円分支援

新生児の写真

東京都では、今年2021年1月以降に生まれた赤ちゃん1人につき、ミルクやおむつといった育児用品など10万円分を支援する東京都の事業が始まり、対象の家庭には4月中旬以降、申し込みに必要なカードが送られます。

都が今年度から始めた支援事業の対象となるのは、今年2021年1月1日から再来年の3月末までに赤ちゃんが生まれた、都内に住民票がある家庭です。

住んでいる区市町村から4月中旬以降に送られる専用のカードを使ってホームページで登録を済ませると、赤ちゃん1人につき、希望する育児用品など合わせて10万円分を選んで申し込むことができます。

ミルクや離乳食、おむつのほか、ベビーシッターや家事代行サービス、タクシーでの移動の際に利用できるチケットなど、およそ700種類が用意されているということです。

都によりますと、去年4月から10月までに都内で受理された「妊娠届」は、おととしの同じ期間よりおよそ10%少ない6万400件余りにとどまっています。

都は、「コロナ禍で産み育てることに不安が高まっているので、経済的負担を軽減して出産を後押ししたい」としています。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。