障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

教員と教え子の私的SNS禁止 わいせつ行為防止対策を全国に通知 文部科学省

首相官邸

教員による児童や生徒へのわいせつな行為を防ぐため、文部科学省は、教員がSNSで教え子と私的なやり取りをすることを禁止するなど、全国の教育委員会などに対策の強化を通知しました。通知は児童や生徒、同僚などへのわいせつ行為やセクハラ行為で懲戒処分などを受けた教員が2019年度は273人と過去2番目に多くなった事態を受け、文部科学省が全国の教育委員会などに発出しました。

この中では、SNSなどで児童や生徒と私的なやり取りを行ってはならないことの明確化や、児童や生徒と1対1になる密室状態の環境を作らないこと、アンケートによる被害の実態把握などを求めています。

懲戒免職となった教員が処分歴を隠して再び教員として採用されたケースがあったことを挙げ、採用時の書類として懲戒処分歴の記入欄を設けた共通の様式を示し、利用を促しています。

心を病む子ども

文部科学省では教員による児童や生徒へのわいせつ行為の防止策を強化していて、ことし2月から過去40年分の官報の処分歴を検索できるツールを教育委員会や学校法人に提供しているほか、今月からは教員が懲戒免職になった場合、その理由を官報に記載することを義務づけています。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。