障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

2021年4月1日現在におけるこどもの数:1493万人、40年連続の減少(総務省統計)

毒親と子供

 2021年4月1日現在におけるこどもの数(15歳未満人口。以下同じ。)は、前年に比べ19万人少ない1493万人で、1982年から40年連続の減少となり、過去最少となりました。
 男女別では、男子が765万人、女子が728万人となっており、男子が女子より37万人多く、女子100人に対する男子の数(人口性比)は105.0となっています。(表1)

 こどもの数を年齢3歳階級別にみると、12~14歳が324万人(総人口に占める割合2.6%)、9~11歳が314万人(同2.5%)、6~8歳が298万人(同2.4%)、3~5歳が292万人(同2.3%)、0~2歳が265万人(同2.1%)となっています。(表2、図1)

 これを中学生の年代(12~14歳)、小学生の年代(6~11歳)、未就学の乳幼児(0~5歳)の三つの区分でみると、それぞれ324万人(同割合2.6%)、612万人(同4.9%)、557万人(同4.4%)となっています。(表2)

2 こどもの割合は11.9%、47年連続の低下

 こどもの割合(総人口に占めるこどもの割合。以下同じ。)は、1950年には総人口の3分の1を超えていましたが、第1次ベビーブーム期(1947年~1949年)の後、出生児数の減少を反映して低下を続け、1965年には総人口の約4分の1となりました。
 その後、1970年まで低下が続いたこどもの割合は、第2次ベビーブーム期(1971年~1974年)の出生児数の増加によって僅かに上昇したものの、1975年から再び低下を続け、1997年には65歳以上人口の割合(15.7%)を下回って15.3%となり、2021年は11.9%(前年比0.1ポイント低下)で過去最低となりました。
 なお、こどもの割合は、1975年から47年連続して低下しています。(図2、図3、参考表1)

3 こどもの割合は諸外国と比べ最低水準

 調査年次に相違があるため厳密な比較はできませんが、こどもの割合を諸外国と比較すると、我が国が最も低い水準となっています。(表3)

参考


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。