障がい者、社会的に困っている方などに向けたHelpサイトです

2回目のコロナワクチン接種したら、メチャクチャ副作用が出たのですが・・・

コロナの世界地図

先日、2回目のコロナワクチンの接種を行いましたが、1回目と違い副作用が出ましたので、記事にいたします。

1回目のワクチン接種の感想は下記ご覧ください。

一回目の時は、注射針を刺した周辺が筋肉痛になるくらい、といっても腕が上がらないくらい痛かったですが、今回はそれに加えて、発熱、頭痛、体のダルさがありました。

2回目の接種は、ちゃんと1回目と同じファイザー製で、3週間開けてから打っています。

ワクチンを打って半日くらいしてから、前回と同じように腕が痛くなり、今回は1日経過してくらいから、体調も悪くなってきました。初めは少しだるいな、という感じだったのですが、寒気と頭痛もするようになって、接種後翌日の午後くらいからはほとんど寝て過ごしていました。

熱も39度くらいになって寒いし、でもエアコンを止めると頭が暑さでおかしくなりそうだしで、弱めのエアコンに毛布を被って震えながら汗をかくという、わけのわからない感じになっていました。

実は2回目のワクチン接種のあとに、医者から解熱剤をもらっており、国や医者も副作用が出る可能性が高いと読んでいるということだったと思います。私の身近な人も、2回目の接種後はほとんどの人が熱を出したり、体調不良になっていましたが、私はほとんど風邪を引いたことがないので、大丈夫かなと思っていましたが、全然そんなことありませんでした。むしろ久しぶりに、というか風邪やインフルエンザはこんなに辛いのかと震えました。。。

普段であれば薬は飲まないのですが、あまりに辛くもらった解熱剤を3錠飲んで、接種から2日後くらいにやっと落ち着いてきました。

これを踏まえて思うのは、ワクチン接種は安全のために受けるべきなのかもしれませんが、誰がどのような副作用が出るかわかりませんし、体調が悪くなることも考慮して翌日などは仕事を休めるように配慮してもらえる時を選ぶ必要があると思います。

ある人は、ワクチン接種後に体調悪いから休みたいと言ったのに、ズル休みせずに行きなさいと言われ、そんなこと言っていいのかとも思いました。

皆さんもワクチン接種するかどうかは、ご自身の体調や仕事の状況、周りの理解を得られるかどうか等考慮してご判断ください。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。